化粧水って何回つけるのが正解?

化粧水を1度しかつけない期間がありました。
忙しくて時間がなかったことと、肌への摩擦を極力減らすというのをちょっと実験的に試したかったので。
あとかなりお高めの化粧水に切り替えたタイミングで、心なしコスパも計算してしまったかもしれません。
でも、結果的にすごく後悔することになってしまいました。
その期間で、なんだか老けた?そんな印象になってしまったからです。
それまではというと、肌が「これ以上はもういらないよ」というまで化粧水をつけるのが当たり前で。
水分をたくさん含んだ肌が冷たくなり、吸い付くような感触になっていないと「乾燥する」と不安を覚えるほどでした。
結果的に私の肌にはその方法があっていたのでしょう。
そのことに気がついてから、また化粧水の重ねてつけるとともに、化粧水自体も元に戻すことに。
長年愛用していた無印良品・敏感肌用・さっぱりタイプですが、やはり肌のベース作りにはなくてはならない存在だと気付かされます。
それにしても、化粧水を一度につける回数って、一体何回が正解なのでしょうか?
私の場合、この間回数を数えてみたらなんと9回もつけていました。
30分くらいスキンケアしている時もあるので、実はこれが平均的に多めにみた回数とも言えないのですが……。
ちょっと多いかな?と感じています。
でも、この一手間が「この先の見た目年齢に差をつける」と思っているので、今日もつい、化粧水を重ねてしまうのです。